転職先の応募を掛け持ちする時は

掛け持ちで応募する転職活動は、情報が混乱しないよう注意しましょう。早く決めたいと焦りすぎるのは禁物です。

転職先の応募を掛け持ちする時は

転職先の応募を掛け持ちする時は

転職にはタイミングがありますので、慎重に時間をかけたほうが良いわけでもなければ、短期決戦が良いとも限りません。慎重になりすぎた結果、後で考えれば一番良かった会社の内定を断ってしまうこともあれば、短時間で決めてしまって入社してから後悔することもあります。転職活動のモチベーションを維持することは結構難しいので、ある程度集中して動いたほうが良いと思いますが、集中しすぎるあまり、1つの会社に対して手を抜くようなことになってはいけません。言うまでもなく充分に調べて、入社しても良いと思える会社にだけ応募するようにしましょう。

早く決めたい気持ちが強いあまり、3つも4つも同時進行させる人がいます。転職活動に掛け持ちはつきものですので、何も1つに絞る必要はありませんが、あまりに多くの会社に一度に応募すると、面接でどの会社とどんな話をしたのか、事前に収集した情報がどの会社のものだったのか、分からなくなってしまうことがあります。そもそも情報収集にかける時間がなくなってしまうでしょう。頭が混乱して面接でちんぷんかんな受け応えになってしまえば、採用を勝ち取ることは難しいでしょう。転職に焦りは禁物です。掛け持ちは、自分で許容できる範囲内にしましょう。

オススメワード